ハジメラボ・ブログ | もしお客様が聴覚障がい者だったら? |【岡山】集客設計に自信あり。ホームページ制作・ECサイト運営はハジメクリエイト

ハジメラボ・ブログ | もしお客様が聴覚障がい者だったら? |【岡山】集客設計に自信あり。ホームページ制作・ECサイト運営はハジメクリエイト

ハジメラボ・ブログ

2021/09/08

もしお客様が聴覚障がい者だったら?

こんにちは。

EC担当の田島です。

 

はじめに

2021年8月中旬に発生した

水害で被災された方に対して

御見舞申し上げます。

1日も早く平穏な生活に戻られることを

心からお祈りいたします。

 

 

さて、私はハジメクリエイトに入社する

ずーーーーーっと前(20年以上前)から

聴覚障がい者支援活動をしています。

 

そういったこともあって

今回の記事になるのですが

 

 

もし・・・

お客様や取引先の担当者が

聴覚障がい者だったら

どのように対応されますか?

 

 

 

簡単なのは

大きな声でしゃべる・・・

ではなく

口元を見せながらゆっくりしゃべる

または

文字で伝える

のいずれかです。

 

ですが、今の御時世

マスクを外して話すのは

抵抗があると思いますので

口元を見せて・・・は

難しいかもしれませんね。

 

なので、文字で伝えるという

・手で書く

・スマホやPCを使って入力した文字を見せる

・音声認識を使って話を文字化する

といった方法になります。

 

ちなみに、

相手の聴覚障がい者が

補聴器をつけていても

大きな声でしゃべるのは

効果的ではありません。

うるさいだけで分からない

となりますのでご注意ください。

 

 

一方、上記方法では足りず

もっとコミュニケーションが必要

という場合は

通訳を利用することになります。

 

もし、通訳が必要という方がおられましたら

聴覚障がい者のニーズに合わせて

「手話(しゅわ)」

または

「要約筆記(ようやくひっき)(※1)」

で検索してみてください。

 

※1:話しの内容をその場で文字にして伝える方法。

専門的な学習を行い、一定の技術を持った人が

通訳者としてサービスを提供しています。

手話を使わない聴覚障がい者に便利です

 

 

色々書きましたが

聴覚障がい者といっても

普通に生活されている人です。

 

落ち着いて対応すれば

コミュニケーションはとれますので

慌てず対応してくださいね。

 

メルマガ

お客様の目的達成のために大切なこと

最高のホームページが出来たとしても、それは完成時点での最高でしかありません。
お客様を取り巻く環境は刻々と変化しています。そのためにも改善&育てていくことが必要です。
ハジメクリエイトは、アクセス解析等も活用しながら作成後のサポートも行っています。

WEBからのお問い合わせは

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせは

株式会社ハジメクリエイト
平日 10:00~18:00
(土日祝お休み)
株式会社ハジメクリエイト
〒700-0951
岡山県岡山市北区田中604-14
TEL 086-250-2424
FAX 086-239-7803