ハジメラボ・ブログ | 加工フィルターの「G’MIC」を使ってみた |【岡山】集客設計に自信あり。ホームページ制作・ECサイト運営はハジメクリエイト

ハジメラボ・ブログ | 加工フィルターの「G’MIC」を使ってみた |【岡山】集客設計に自信あり。ホームページ制作・ECサイト運営はハジメクリエイト

ハジメラボ・ブログ

2021/10/18

加工フィルターの「G’MIC」を使ってみた

アプリ・ソフト

はじめまして

今年7月より入社しました、Webアシスタントディレクター/カメラマンのウエダです。

みなさま、これからどうぞよろしくお願いします!

 

私は以前よりフィルムカメラをずっと愛用していたこともあり、個人的にですが時々デジタルカメラに少し物足りなさを感じる事があります。

フィルムのザラっとした質感・粒子感、各フィルムの色の偏りを恋しく思い、今はデジタルカメラを使っていますが、色調補正をしている時にも「これは富士フィルム寄りの色だな~」「これはコダック寄りだな~」と、ぶつくさ言いながら作業をしていたり。

 

そんなこんなで、ふと “各フィルム寄りの加工をササっとしてくれるソフトあるかも!” と探し始めました。

 

するとやっぱりあるもんですね~!

 

 

01.「VSCO Film」

いろいろ探しているうちに、使いたいソフト発見!

Lightroom用プリセット「VSCO Film」。

アプリでも人気のVSCOの、フィルム加工が出来るLightroom用プリセットみたい。

しかし発見の喜びも束の間、2019年3月1日以降、デスクトップ向けのプリセットの提供・サポートが終了するとアナウンスがなされました。一歩遅かった、残念。。

 

 

02.「G’MIC」

次に見つけたのが、「GIMP」のプラグインソフト「G’MIC」。

まず、無償で提供している画像編集・処理ソフト「GIMP」をインストール(日本語版もありました)。このソフトは、レイヤー機能はもちろんのこと、エフェクトやブラシなども豊富に使用できます。

その「GIMP」にプラグインできる「G’MIC」は、500種類以上の加工フィルターをさらに追加してくれます。

 

全て無料とのことで、早速試してみることに。

 

フィルターの中のFilm emulation」 「Negative color」を選択すれば、いろいろなフィルムの種類がざっとでてきました!

私のずっと使っていたネガフィルム「KodakPortra160NC」ありました!

アグファ、富士カラー、コダックと、いろいろな種類があってムフフ・・嬉しくなってきました。カラーのネガやポジ、モノクロもたくさんあるようです。

 

瀬戸内海の豊島に行った時の写真で、テストしてみました。

ちなみにこの道を自転車で走るとサイコーです(^^)

 

 

【Negative color】

Agfa Vista 200

 

Fuji Superia 200

 

Kodak Portra 160NC

 

Kodak Portra 160VC 

 

 

【Slide color】

Kodak Velvia 50

 

 

【B&W film】

Fuji Neopan Acros 100

 

kodak T-MAX 3200

 

 

微妙な色の特性もなかなか表現されているように思いました。

モノクロは粒子感も感じますね。

そのソフト、いろいろできてしかも無料!

「G’MIC」オンラインバージョンもあるので、気軽に試してみれるようですよ。

 

これで、またフツフツと写真熱が上がってきましたーー!

メルマガ

お客様の目的達成のために大切なこと

最高のホームページが出来たとしても、それは完成時点での最高でしかありません。
お客様を取り巻く環境は刻々と変化しています。そのためにも改善&育てていくことが必要です。
ハジメクリエイトは、アクセス解析等も活用しながら作成後のサポートも行っています。

WEBからのお問い合わせは

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせは

株式会社ハジメクリエイト
平日 10:00~18:00
(土日祝お休み)
株式会社ハジメクリエイト
〒700-0951
岡山県岡山市北区田中604-14
TEL 086-250-2424
FAX 086-239-7803